投稿

三賢人に聞く、ウィーンで豊かに暮らす方法 

イメージ
今回は、ウィーンの国際機関で働く3名の日本人――仕事での関係はないが、個人的に懇意にさせていただいている賢人たち――に投げかけた、6つの質問に対する回答を共有したい。

 このブログの全記事を通して、おそらく最も有益なコンテンツになることだろう。

理想の光、暴力の影(イスラエル)

イメージ
イスラエルへ渡航するにあたっては、それなりに悩んだ。

 なにしろ、イラン北朝鮮パキスタンに次いで、世界でいちばん「悪影響を与えている」と見なされている国である(参考:BBC World Serviceの世論調査)。

 職場の人たちに、特にイラン人ヨルダン人の同僚に、どう説明すればよいのか。

 「冬休み、どこ行くの?」
 「ちょっと中東にね」

 「中東のどこ?」
 「うん、まあ中東にね」

 そうやって口ごもるだけで、大抵の人は「こいつはイスラエルに行くな」と勘づくだろう。

 といって、

 「ちょっとオマーンにね」

みたいな虚偽申告は避けたい。だいたいオマーンに行かずに、オマーン土産をどうやって調達するのか?

 いろいろ考えた結果、同僚の誰にも言わずに旅立つことにした。

 テルアビブにいたときスロヴァキア人の同僚から「いまどこ? ビール飲もうよ」とメールが来て、「ちょっといまイスラエル」と正直に応えざるを得ない場面もあったのだけれど。




ビーチをたのしむだけなら来る必要はない 日本国外務省の海外安全ホームページによれば、イスラエルは一部地域を除いて「レベル1」(十分注意してください)の指定で、ほかの中東諸国に比べれば安全な部類とされている。

 とはいえ、2018年に起きたいくつかの出来事、たとえばトランプ大統領がエルサレムに米国大使館を移転したり、シリアからの米軍撤退を宣言したり、そうしたことが最近の情勢を変化(いち旅行者の観点からすれば悪化)させていることは間違いない。

 事実として、私がイスラエルに滞在した期間だけでも、

ガザで8千人デモ、少年ら死亡 イスラエル軍が銃撃も

 パレスチナ自治区ガザ地区のイスラエルとの境界付近で21日、イスラエルに対する抗議デモがあった。ガザの保健省などによると、イスラエル軍の銃撃などで16歳の少年を含む4人が死亡、地元記者を含む少なくとも40人が負傷した。

 イスラエル軍によると、抗議デモには約8千人が参加し、一部が爆発物を投げ込もうとしたため、軍は実弾などを発射して応じたという。70年前のイスラエル建国に伴って故郷を追われたパレスチナ難民の帰還を求めるデモは3月末から断続的に行われ、これまで220人以上が死亡、2万5千人超が負傷している。(エルサレム=渡辺丘)

引用:朝日新聞デジタル(2018年12月22日)
シリア、イスラエル軍の…

イスラエルの入出国審査、その詳細を書いておこう

イメージ
イスラエルは、入出国審査が世界でいちばん厳しい国と言われている。

 セキュリティチェックで、下着姿にさせられた。

 別室に放り込まれ、そのまま3時間も放置された。

パレスチナで働いていたので、入国を拒否された。

 そういうアクチュアルなエピソードを仄聞するのだ。




 他方で、近年はかなり緩和されたとか、なんの問題もなかったとかいう話も聞こえてくる。「厳しい系」と「無問題系」の振れ幅が、ずいぶんと大きい。

 本当のところは、どうなのか。

 以下に、私の体験を紹介したい。あくまで個人の事例に過ぎない、というディスクレーマーを如才なく添えつつ、イスラエル渡航を検討されている方への参考となれば幸いだ。

入国審査(2018年12月19日) ハンガリーの格安航空会社ウィズ・エアー(Wizz Air)で、「ウィーン国際空港 ⇒ ベン・グリオン国際空港」の直行便に搭乗した。往復運賃は約100ユーロ。A321の旧型機で、3時間25分のフライトだった。

 飛行機のタラップを降りた途端、マシンガンを携えた軍人風の男が現れて、なぜか私の方に近づいてきた。

 Q.  パスポートを見せろ。
 A.  はい。

 Q.  イスラエルに来た理由は。
 A.  観光(Sightseeing)。

 Q.  宿泊場所は。
 A.  アブラハム・ホステル・テルアビブ

 Q.  どこから来たのか。
 A.  ウィーンから。

 「ここで早くも別室送りか」と瞑目したが、このやり取りだけで無事にリリースされた。

 最初に怪しい奴を捕まえておけ、という方針なのか、私だけがこの尋問を受けた。

 まあ私は唯一のアジア人搭乗客だったし、その服装も控えめに表現して「行儀のよいホームレス」のようなものではあった。でもいきなりこういう待遇を受けるとは思わなかった。




 空港内のパスポートコントロールは、「イスラエル国籍」「その他」に分けられている。間違えて「イスラエル国籍」に並んでしまったが(ヘブライ語表記なのでわからなかった)、自動読み取り機でエラーとなって、「その他」に並び直した。

 早朝ゆえか、それほど長蛇の列ではない。
 10分ほど待って、私の審査がはじまった。

 Q.  イスラエル渡航は初めてか。
 A.  そうだ。

 Q.  どこから来たのか。
 A.  Originally from Japan, but now live in Vien…

これが人生初の一時帰国だ(東京)

イメージ
私の所属する国際機関では、2年に1回の頻度で一時帰国休暇(Home Leave)が与えられる。

 職員本人だけでなく、同居する家族全員のチケットが(オーストリアから日本は遠いので)ビジネスクラスで手配されるので、かなりの厚遇である。

 だが私はこれを固辞し、トルコ航空のエコノミークラスに振り替えた。「幼いうちからビジネスクラスに乗りつけていると人間が駄目になる」という信念、いや偏見があったからだ。

赴任時と同じく、イスタンブール経由。チケットを買ってまもなくANAから羽田=ウィーン線の発表があり落ち込む一幕もあったが、しかし帰国の機会をいただけるだけありがたい。

 アメリカに住んでいたときは一度も日本に帰らなかったので、考えてみれば、これが人生ではじめての一時帰国である。

デュッセルドルフで郷愁の念に駆られた、あの新橋にも足を運ぶことができる。

 うれしくなって、飛行機の窓を意味もなく開け閉めしたりした。





東京ミッドタウンの裏手に住む 一時帰国中は、六本木の瀟洒な住宅地に住まいを求めた。連日の予定が東京エリアに集中していたので、どうしても中心部に居を構える必要があったのだ。

 今回お世話になった物件は、家具付き、布団付き、Wi-Fi付き、ドラム洗濯機付き、浴室乾燥機付き(ぐんぐん乾いて最高だった)、ジェットバス付き(息子たちが喜んで最高だった)、ウォシュレット付き(私の肛門まわりが綺麗になって最高だった)、43平米の2Kで、家族4名あわせて1泊13,000円だった。

 これは、どういうことか。なぜ、こんなに安い物件があるのか。国連外交官の特権なのか。それとも前の居住者が六本木連続強姦殺人事件の犯人だったからか。

 そうではない。

 この物件には、何のコネクションも、何の事件性もない(私の知る限りは)。好条件の宅地にたどり着いたのは、ひとえに私がしつこく探しまくったからである。粘り腰の交渉を経て、泥水をすすって(比喩的な表現です)、ようやく契約にこぎつけたのが東京ミッドタウンから徒歩約5分のここだったのだ。

 今回はちょっとした事情があって、具体的な物件名を明らかにできない。でもひとつヒントを伝えるなら、Expediaではなく、Airbnbでもなく、といってUR都市機構でもなく、マンスリーマンションの系統に(一時帰国者にとっての)金の鉱脈が隠れている、ということだ。

 …