投稿

でもウィーンにいるなら、クラシック音楽をやはり聴きたい

イメージ
ウィーンに旅行する人にも、出張で来る人にも、ウィーン楽友協会(Musikverein)の公演に行くことを私はよくおすすめしている。

 夏休みなどのシーズンオフを除けば、ほとんど毎日なにかしらのコンサートがある。夜の部はだいたい19時台か20時台にはじまるので、(世話の焼ける上司がいなければ)無理なく参加できるだろう。

 楽友協会の公式サイトでは、ちゃんと日本語も選択できる。オンラインで購入して、渡航前にチケットを印刷すれば、あとは会場に足を運ぶだけだ。行列に並ぶ必要はないし、ダフ屋と取引をする必要もない。まことに便利な世の中である。




 体力に自信があれば10ユーロ程度の「立ち見席」。椅子に座りたければ20ユーロ程度の2階の端席、通称「貧民席」がおすすめだ。モーツァルトに扮装した輩から「観光客用チケット」を掴まされるよりはずっといい(註:ウィーンの路上にはそういう客引きがいるのです)。

 クラシックはよく知らないとか、セレブに囲まれるのは恥ずかしいとか、そんな心配は無用である。私自身もクラシックには詳しくないし、コンサートの客層だって、(こう言っちゃなんだけど)そんなに立派な人ばかりでもない。まあこれは「貧民席」ばかりに座る私の観察者バイアスかもしれないけれど。


出張の夜に行くコンサートは心にしみる(※ 個人の感想です) そのような具合に、私はウィーンへの出張者たちに熱心に説いている。というのは、ほかならぬ私が日本にいたとき、出張の夜にあちこち出かけていたからだ。

 たとえば、シンガポール出張ではエスプラネード・ホールシンガポール交響楽団のご機嫌なベートーヴェン交響曲第2番を、カナダ出張ではグレン・グールドの出身校として知られるトロント王立音楽院ステファノ・ボラーニ・トリオの熱いモダンジャズをたのしんだ。

 仕事での出張という、ほとんど他律的な要素で占められるイベントのなかで、わずかに残された自律的な時間枠をコンサートに充てる。そうすると、通常時とは違ったアングルで音楽が心にしみてくるし、そのときたまたま巡りあわせた演奏という「一期一会」のドライブ感も際立ってくる。事実、上に挙げた2件は、いまでも血の通った記憶として私の内に残っている。

 だから日本のビジネスパーソンよ、もっと出張中にコンサートに行くべし、というのが私のささやかな主張である。お義理の飲み会はキッ…

ウィーンにいても、クラシック音楽ばかり聴くわけではない

イメージ
ウィーンはよく「音楽の都」と称される。しかしその「音楽」とは、多くの場合、クラシック音楽のことである。ある種の暗黙の前提として。

たとえば、Radioheadとか、Zeddとか、Squarepusherとか、Gorillazとか、Kettelとか、そういうのはあまりウィーンに似合う音楽とは言えないだろう。

 けれども私は、そうした音楽をわりに好んで聴いている。これはあくまで私の個人的な感覚だが、古風なウィーンの街並みに、クラシック音楽はあまりにマッチしすぎる。それが私には少しばかり気恥ずかしいのだ。

 最近は、Amazon Prime MusicやiTunesなどで、妙に日本のアーティストばかり選んでいる。大橋トリオとか、Kaito(a.k.a. Hiroshi Watanabe)とか、jizueとか、Suchmosとか、ゲスの極み乙女。とか、米津玄師とか、tofubeatsとか、宮内優里とか、fox capture planとか。

 こうして並べてみると、本当に日本人ばかりだ。ウィーンで邦楽が流れることは滅多にないので、こういうところで帳尻を合わせているのかもしれない。(ヴォティーフ教会そばのレストラン「Das Kolin」でUyama Hirotoの「freedom of the son」をまるごとかけていて、それはもう喜びに震えたものだが、ここ1年ではほぼそれだけだ)

 これまでジャンルを問わずいろいろな音楽を聴いてきた。でも直近15年くらいを見渡して、ほとんど変わらぬ熱量をもって聴き続けてきたのは、ZAZEN BOYSSmall Circle of Friendsの2組だけだ。新譜が出れば、必ず買う。かける曲に迷ったら、とりあえずビール、みたいな感覚で、とりあえず聴く。私にとって彼らはそのような存在だ。

 ZAZEN BOYSの化け物じみた演奏力、孤峰のような楽曲のオリジナリティは、いつなんどきに聴いても私の魂にキックする。荒ぶるリリックも、年を経て印象は変われど色あせない。なかなか新作が出ないのが困りものだが、向井秀徳アコースティック&エレクトリックの名義でもいいからアルバムを出してほしい。頼むから。できることならなんでもするから。

 Small Circle of Friendsは、30代も折り返し点を過ぎた私の心に、どういうわけか以前よりも細密な粒度で浸…

「電子国家」を見るつもりが、竹馬に乗っていた(タリン)

イメージ
エストニアに行ったのは、巷で話題の「電子国家」をこの目で見るためだ。

Estonia is probably the only country in the world where 99% of the public services are available online 24/7. 
(エストニアは、行政サービスの99%を常時オンラインで提供している、おそらく世界で唯一の国家です。)

E-services are only impossible for marriages, divorces and real-estate transactions – you still have to get out of the house for those.
(エストニアで電子手続きができないのは――つまり、あなたが外出しなければならない手続きは――結婚・離婚・不動産取引だけです。)

引用:エストニア政府 "e-governance"
 これが、政府の公式な説明文である。
「未来がいま、ここにある」感があふれているではないか。




「エストニアはシンガポールだ」 エストニアはまた、有力なITベンチャー企業(アメリカ西海岸風に言うとスタートアップ)がいくつも生まれていることでも知られている。

 ビデオチャットのSkypeは、エストニアで起業してから急成長した会社である。
 手数料の異様に安い海外送金サービスTransferWiseも、エストニアの企業だ。
 ブロックチェーンを使った証券取引所Funderbeamも、やはりエストニア発。




 エストニアの人口は、約130万人(2018年1月現在)。
 これは、埼玉県さいたま市の人口とほぼ同じ規模だ。

 世界を席巻するIT企業が、さいたまスーパーアリーナのあたりで次々に誕生している。
 たとえるなら、そういう状況になっているわけだ。





 そんなエストニアに興味を持って、いくつかの関連書籍を読み漁った。
 そこで気づいたのは、「エストニアはシンガポールだ」ということだ。

 人口が乏しく、内需には頼れないので、初手から国際市場で勝負せざるを得ない。
 土地が狭く、工場の立地にも限りがあるので、労働集約型産業では勝ち筋がない。

 配られた手札が厳しいなかで、空間制約の少ない金融・IT分野を「国策産業」として選ぶ。そうして世界…

ザ・ベスト・オブ・子連れに優しい街である(ヘルシンキ)

イメージ
フィンランド滞在中は、移動にお金がかからなかった。

航空機を愛するが客船も気になる、この気持ちを何と呼ぶ

イメージ
昨年の秋、イギリスに住むKさんがウィーンに遊びにきてくれた。

 私より少しく年長のKさんは、日本で最高の理工系大学を卒業して、日本の重工メーカーに採用された。爾後、紆余曲折あってイギリスの重工メーカーに転職し、いまでは(1個あたり数億円の付加価値を持つ)ある大型部品の設計責任者という大役を担っている。

 Kさんは、学生時代にウィーンの国際機関でインターンをしていた。だから私よりもずっとウィーンに詳しい。とりわけ「安くて怪しくてうまい店」に通暁している。

 その夜、Kさんが選んだお店は「7Stern Bräu」。名物の大麻ビール(幻覚作用のない合法のビール)を2人でしこたま痛飲し、実に6時間以上も会話をたのしんだ。

 日英の重工メーカーの意思決定システムにはどのような相似と相違があるのか。
 最近の政策イシューはもはや霞が関の問題解決能力を超えているのではないか。
 カトリックとプロテスタントと正教会の違いは欧米社会にどう影響しているか。
 古代ローマ帝国という存在は欧州人の精神性にどれほど深く結びついているか。
 会議中にうんこを漏らしても周囲にばれないようにするにはどうすればよいか。

 そのような重要テーマが展開されるなかで、「Kさんがウィーン時代に生き急ぐようにしてたのしんだ外国旅行」という話にも及んだ。

 「ぼくの場合はひとり旅でしたが、東西南北、あちこち行きました」

 「ウィーンから見ると、たしかにどの方角にも何かしらありますよね」

 「でもね、Satoruさん。僕がいちばんおすすめしたいのは、客船旅行なんです」

 「日経新聞で『地中海クルーズ10日間!』みたいなシニア向けの広告をよく見ます」

 「そうそう。だけどヨーロッパのクルーズの世界は、もっと種類が多くて奥深いんです」

 「でも、お高いんでしょう?」と、私はTVショッピングの司会者のような発言をした。

 「いえいえ、安心なさってください!」と、KさんもTVショッピングの人になった。


うんこのサプライチェーン Kさんによれば、クルーズとひとくちに言ってもその客層はさまざまである。

 それこそフェリーニの「甘い生活」のように退廃的な船上生活をたのしむセレブリティ層から、最下等クラスながら他の交通手段に比べれば快適な貧乏旅行をたのしむバックパッカー層(当時のKさんはこのカテゴリに所属)、さらには糊口をしの…

ドイツの日本人街で「新橋」を感じた(デュッセルドルフ)

イメージ
ヨーロッパ屈指の日本人街がデュッセルドルフ(Düsseldorf)にある。私は最近までそのことを知らなかった。

 ドイツ中西部にあるこの都市のことをはじめて意識したのは、ウィーンで人気の日本料理店「小次郎」で、「当店ではサッポロ西山ラーメン・デュッセルドルフ麺を使用しております」といった意味の張り紙を見かけたときだ。

サッポロ西山ラーメン・デュッセルドルフ麺。

 それは、サッポロなのか、デュッセルドルフなのか。
 一体どちらが正しいのか。何がどうなっているのか。

「名古屋めし・台湾ラーメン・アメリカン」という、ちょっと正気とは思えないフレーズ(しかし名古屋の人にはすぐに意味が通じるフレーズ)を連想させるものがそこにはあって、デュッセルドルフの名前は、私の心にしかと刻まれることとなった。




 次にその都市名を聞いたのは、カナリア諸島のフエルテベントゥラ島に行ったときだ。

本ブログの旅行記でも少し触れたが、ビーチで出会った親子がデュッセルドルフの出身で、「有名な日本人街があるのよ」と教えてくれたのだ。日本企業の支店がたくさんある、と。

 それをきっかけに調べてみて、ようやく「サッポロ西山ラーメン・デュッセルドルフ麺」の謎がとけた。要するに、本社が札幌にある西山製麺のデュッセルドルフ支店(SAPPORO NISHIYAMA EUROPE GmbH)で作られた麵、という意味だったのだ。

 わかってしまえば単純な話だが、その日から私の「旅行欲」はむくむくと成長していった。そう、私は世界各地の「●●人街」を巡るのが好きなのだ。

 ペルー・リマのチャイナタウンも、サンフランシスコのジャパンタウンも、江戸川区西葛西のインド人街も、いずれも本国とは違った滋味深さがある。ときに悲哀があり、風雪があり、その土壌でしか育たない固有種が結ぶ果実がある。

 日本への帰国願望をあまり持たない私が、「デュッセルドルフには必ず行こう」と決意したのは、だから自然な成り行きであった。

 そして、奥さんが日本人好みの美容院に行きたいと漏らしたとき、決意は一足飛びに行動に移されるのであった。






日本のサラリーマンが歩いている、という驚き 早朝のデュッセルドルフ中央駅に到着して、まず思ったのは、「ウィーンに似ているなあ」ということだ。
 駅構内のつくりが似ているし、その表記もドイツ語だし、飲食チェーン店にもなじみがあ…