投稿

知らない国でのリスクを減らすため、私が集める3種類の情報

イメージ
知らない国に行くことは、おもしろい。

 よくわからない土地を歩いて、よくわからない人間から話を聞いて、よくわからないものを食べる。突き詰めるとそれだけなのだが、ここにたまらない妙味がある。




 知らない国に行くことは、しかし、ときに大きなリスクを伴う。

 いきなりお金を盗まれる。いきなり野良犬に追いかけられる。いきなりフライトがキャンセルになる。いきなりステーキを食べてお腹をこわす。いきなり路上で大便を漏らす。いきなりウージー・サブマシンガンで射殺される。

 こうしたリスクは、旅行をしていると増加する傾向にある。無用な危険を冒さぬためには、家でじっとしている方がずっといい。その方がずっと賢いし、ずっと安全だ。

 だが、隙あらば外国に行きたい人というのは、これはある種の病を得ている人と同じである(※個人の感想です)。端的に言って、あまり合理的な判断ができない状態になっている。

 まことに憐れむべき存在である。

 だからそういう人にとっては、所与のリスクを甘受した上で――「そこに行かない」という堅実なる選択肢を初手から排除した上で――現地で憂き目に遭うリスクをどこまで減らすか、そのための情報をどのように収集するか。これが当座の論点となる。

 というわけで、今回は「知らない国を訪れたときのリスクを最小化させるために、私が集めている3種類の情報」について語ることとしたい。




旅行の情報は3種類しかない いたずらに情報を追い求めても、生産性は高まらない。インテリジェンスは、手持ちの情報を分類化する試みからはじまる。これは、先人たちが私に教えてくれたことだ。

 情報を分類化する方法はいくつもあるが、ここでは最もシンプルに、2軸のマトリックスを使って考えてみたい。たとえば、

(x)時間 (目的地に着く前 or 着いた後)
(y)出所 (一次情報 or 二次情報)

という2つの軸で分析してみるのはどうだろう。



 ここで「一次情報」は自らが現地で五感を使って得た情報、「二次情報」はそれ以外のすべての情報である。いささか詰めの甘い定義ではあるが、本稿ではわかりやすさを優先したい。
 この原理に則してみると、「現地に着く前」に「一次情報」を得ることは論理的に不可能だから(仮にあなたが無人偵察機を遠隔操縦して現地のリアルタイム映像をがんばって入手したとしても、それも結局は画面を通じた「二次情報」…

「中央アジアの北朝鮮」に行ってきた(トルクメニスタン)

イメージ
(1)世界で最も有名な旅行ガイドブック「Lonely Planet」のトルクメニスタン篇には、

Due to extenuating circumstances, our writer was not able to visit Turkmenistan.
(酌量すべき事情により、ライターは現地に行けなかった。)
との注釈がある(10th ed., p.377)。だから旅行者は自分の目で確かめてくれ、と。




(2)先月、仕事でロシアに行ってきた。

 そこで知り合ったロシア人、カザフスタン人、ウズベキスタン人に、(気軽な雑談として)トルクメニスタン旅行の話をしたところ、

「Satoru、おまえ大丈夫か?」
「狂った独裁国家で、国民が悲惨なことになってるんだろう?」
「あそこがいまどうなっているのか、全然わかんないんだよね」

とのコメントが寄せられた。

「中央アジアの北朝鮮」の異名をとるトルクメニスタン。

 旧ソ連圏の仲間たち(?)からも、やはりそうしたまなざしを注がれているのであった。




(3)トルクメニスタン政府は、統計資料を公開していない。つまり、

人口:不明
GDP:不明

である。

(註:日本国外務省は基礎データを公表しているが、これらは国際機関からの引用で、しかもすべてが「推計値」だ)




 トルクメニスタンは、旧ソ連諸国の中であらゆる面で最も研究が遅れている国である。トルクメニスタン政府は厳格な秘密主義で知られており、基礎統計を含む情報公開をほとんど行っていない。また、査証制度が非常に厳しく、外国人研究者の研究目的での入国がほぼシャットアウトされてきたことは、トルクメニスタン政治研究を行う上で大きな足かせとなってきた。

引用:地田徹朗(2011),「ポスト・ニヤゾフ時代のトルクメニスタン政治:ベルディムハメドフ「改革」の方向性と政治体制の変化」, 日本中央アジア学会報 (7): p.19



旅の目的:なぜトルクメニスタンに行きたいのか 前段で載せた4枚の写真。

 これは、カラクム砂漠にあるダルヴァザ村の近くで1971年から延々と燃えつづけているガスクレーター、通称「地獄の門」で撮影したものだ。

 けれども最近になって、トルクメニスタンの大統領がこの場所を埋めようとしているらしい(未確認情報)。

 私には旅行先の優先順位を決める判断基準がひとつあって、それは「いましか行けない場所に行く…